本文へ移動する

NEW

ボクに与える映画の影響力はとても大きい。けど、ボクが与える皆さんへの映画の影響力もとんでもなく大きい。

ボクに与える映画の影響力はとても大きい。けど、ボクが与える皆さんへの映画の影響力もとんでもなく大きい。

スリービルボードの熱が冷めない(笑)

えっと。今日もしつこく映画の事に触れますね。

昨年のララランドの時もそうでしたが、早くもウワサのスリービルボードを観に映画館へ足を運ぶ人が多数。ララランドならまだ分かるんだけど( 誰もが感動に包まれた作品 )まさかスリービルボードまでかよって感じ。とはいえ、そりゃここまでアツいブログ書いちゃいましたもんね。ある意味確信犯かも(笑)

「 誰かが憎む人は誰かの愛する人 」映画スリー・ビルボードには今年のオクデミー賞を捧げたい。<ネタバレあり>

「 話題だから 」とか「 評判がいいから 」という理由でこの映画を観に行った人はきっと「 え? 」「 ナニコレ? 」ってなっちゃうと思うから。だからボクのブログを見てから行くのは正解かも。

普段から映画を観る人はもちろん、そこまで映画を観てない人たち( ←ここがスゴい )が次々とSNSに投稿してます。

たぶんこれからもまだまだ増えるでしょうね。早く観たくて仕方なそうな人もたくさんいますし(笑)地方の人とかかわいそう。

感想はもちろん人それぞれですが、ネタバレブログを全部読んでから行く人。むしろボクのブログの全文を読みたくて行く人までいるという。新しすぎだろ。それ(笑)

ボクのブログが皆さんに新たな価値を見出したといっても過言ではない。だって普通なら観ないもん。あの映画。それにボクが映画を紹介したところで、これといってボクに何のトクもありませんからね(笑)でもボクが大好きなものに誰かが触れてくれるのは嬉しい。やっぱり誰かに喜んでもらう事が好き。ま。単純にそういう事なんだな。

ただ欲を言えば?ボクを通じて映画を観に行ったのであれば、その映画をもっと好きになってほしいかなー。

最低でも月に1回の映画館での鑑賞。それがムリならAmazonプライムでもいいから月に一度は見てほしいかな。そしてたった1本の映画でもいいからボクと語り合おう。そう。映画が好きな人が好きです。ボク。

映画で感性を磨こう。間違いなくボクの感性は映画で磨かれていますから。

あ。そうそう。

Filmarks(フィルマークス)始めました。国内最大級の映画レビューサービスです。

スリービルボードのレビューをこちらでも書いています。

ここだけは短パン社長という名前で本名を明かさずやっています。って言ってもバレるか(笑)映画好きな人とつながり、ボク以上に映画に詳しい人たちのレビューとかがとっても楽しいので。今年はこうしてあまり誰もやっていないSNSでも発信していきます。

あ。今更ながらだけど、ピンタレストもちょっとづつやっていくよー。( アリムラの影響だね。これも。)

ページの先頭へ