本文へ移動する

Tanpangram ファッションについて

サラリーマンにとってスーツは「隠れ蓑」のようなものだと思う。OWNDAYS再生物語(第6話)にハゲシク同感。

お揃いを着てればいい。という考えと、お揃いを着たい。という考えはまるで違う。Produced by Keisuke okunoyaのユニフォームを作ろうかなと思った件。

「 どこでやるか、より、誰とやるか 」チーム短パンゴルフが楽しすぎる件

「 短パンで商談したらクレーム電話が。ビジネスに個性は不要なのか? 」リクナビNEXTジャーナルにボクの記事が掲載されました。

ロックな音楽にはそこまで詳しくないけど、なかなかロックな生き方はしているというところで話はまとまりました。

Keisuke okunoyaのパックTシャツはこんな可愛いビニール袋に入ってくるよ!

あの伝説の事例から約1年「 Keisuke okunoya パックTシャツ 」第2弾が満を持して発売決定!

コインランドリーでもなく、クリーニング屋でもなく、ウォッシュサロンと呼ぶ。ボクがとっても気になってたお店「 フレディレック 」に行ってきました。

みんなのあらゆる固定概念を覆したのが、ボクのブランドKeisuke okunoyaです。【 OWNDAYS × Keisuke okunoyaが遂にデビュー 】

お客さまに「 アナタから買いたい 」と言われてないのであれば、今一度考えるべき。自分の行動、発信の仕方、そして商売の在り方も。

OWNDAYSの◯◯さんではなく◯◯さんのOWNDAYSになろう。昨日はOWNDAYSのリーダーズ研修で講演させていただきました!

約5年前と違うのは、お洋服を購入してくれる人たちの顔が見えるということ。

MORE

You must share tanpan.jp
follow us in feedly
ページの先頭へ