本文へ移動する

Tanpangram オシャレ

Keisuke okunoyaのパイル地パーカーの詳細が明らかに。でもまたしても間もなく完売です。気をつけて!

楽しい場所だけでなく、楽しい商品やサービスにも、人は集まります。

短パンコーヒー、益子焼マグカップはこれより生産を開始します。そんな作ってるところを見れるのもKeisuke okunoyaの醍醐味であります。

一体感、コミュニティ、信頼、安心、そして愛情。これからもみんなのユニフォーム的存在でいたいな。

ただの観光スポット巡りみたいな投稿がたくさんの人に喜んでもらえたりするわけです。

次のフラムクリップのDMは「 TA TA TAND 」セブノヤ、今年はLAに渡ります。

はー。やっぱりファッションってサイコー。お洋服で人を喜ばせる仕事ができて本当にシアワセです。

この日最も気合いを入れて参加してくれた女性たち。その名も短パンワンピースガールズ。

講演内容だけでなく、その衣装でも観客を魅了する。衣装で語る。衣装で伝える。

ボクはやっぱり、目の前のお客さま、友人、大好きな人たちが本当に心底喜ぶことをしっかり考えて行動していこうって思う。

木曽さんはbarの人。清水さんは缶の人。にも関わらず、2人が出した本がめちゃめちゃ売れてる件。

買いたい服がないわけがない。の「服」の部分を、アナタの商品やサービスに変えて考えてみて。

MORE

You must share tanpan.jp
follow us in feedly
ページの先頭へ