本文へ移動する

Tanpangram ファッション

ボクがお米を作ろうと思ったのは、別に洋服が売れてないからではないということ。

短パンコーヒー、益子焼マグカップはこれより生産を開始します。そんな作ってるところを見れるのもKeisuke okunoyaの醍醐味であります。

お揃いを着てればいい。という考えと、お揃いを着たい。という考えはまるで違う。Produced by Keisuke okunoyaのユニフォームを作ろうかなと思った件。

絶賛予約受付中の短パンコーヒーの第2弾と、益子焼マグカップの締め切りは明日の正午までです。

Keisuke okunoyaグループ限定の誕生日スペシャルムービーの感想がヤバかった。

「在庫がたくさん残ってるからSALEする」のではなく「いつも買ってくれるお客さまに感謝の気持ちを込めて還元( SALE )する」

スミさんの売上に対する貪欲がハンパない。Keisuke okunoyaのニット帽は明日締め切りです。

あっという間に8月です。つまりは、今月もガンガンいこうぜ!チンタラやってっと置いてくんぞ!!

ちょっと前までは自分の作った商品を実際に誰かに着てもらってる姿なんて見る事ができなかった。

あの伝説の事例から約1年「 Keisuke okunoya パックTシャツ 」第2弾が満を持して発売決定!

一体感、コミュニティ、信頼、安心、そして愛情。これからもみんなのユニフォーム的存在でいたいな。

Keisuke okunoyaの商品の半分は、ボクの大きな愛情でできています。

MORE

You must share tanpan.jp
follow us in feedly
ページの先頭へ