本文へ移動する

Tanpangram 企業

個人を出して発信して、友人やお客さんとたくさんコミュニケーションを取り、あなたが働くお店名、ブランド名を越える存在になろう。

奥ノ谷塾を終えて。これまでの第4講までの内容を参加者のブログを踏まえつつまとめてみました。

「銀座の母」より「外苑前の短」ボクたちは若い子たちの芽をつむんではいけない。

この記事を読んでも尚、アナタは個人を出して発信をしない?

マネされるからこそ価値がある。自分の商品やサービスがどんどんパクられるくらいになろう!

「 奥ノ谷塾 第1講 」参加者の人たちの発信をまとめました。

ボクたち経営者はもっと活躍しなくちゃいけない。その業界を盛り上げる存在じゃなくてはならない。

傷の舐め合いはキライ。何でも話せて、共に刺激し合える仲こそが親友の証。

ボクはずっと、彼らにとってステキな「 人生のパイセン 」でありたい。

大きな企業ほど、有名な企業ほど、息苦しくなってしまう時代。でもそれを聞いてアナタは発信をやめますか?

いつまでもキレイでいてほしいし、いつもオシャレをしてほしい。そのキモチを諦めないでほしい。

営業マンが1ヶ月かけて作った売上を、ある人はコーヒーを飲みながらPCを使ってたった1時間でそれができるかもしれない。

MORE

You must share tanpan.jp
follow us in feedly
ページの先頭へ