本文へ移動する

Tanpangram 愛情

結局のところそこに愛情があるかどうかが大事なんだよね。

人をイジる際は最低限の敬意を払おう。そこに愛情があるのかどうかがとても大事。

「 誰かが憎む人は誰かの愛する人 」映画スリー・ビルボードには今年のオクデミー賞を捧げたい。<ネタバレあり>

ま。とにかく。肝心なのはそこに愛があるかどうかなんですよ。

Keisuke okunoyaの商品の半分は、ボクの大きな愛情でできています。

お客さまに「 アナタから買いたい 」と言われてないのであれば、今一度考えるべき。自分の行動、発信の仕方、そして商売の在り方も。

みんな、ボクに会うとモチベーションが上がるんだな。ボクに元気と勇気をもらえるから、みんなボクに会いたいって思ってくれるんだな。

ボクにとって、とっても大きな存在だった番組「 人生のパイセンTV 」が終わりを告げました。

先日の仙台セミナーに参加してくれたセルバの皆さんに感謝のキモチを込めて

ボクたちはいつだって初心者。いつだって、今からだって、スタートできる。

関係性ブランド「 Keisuke okunoya 」は、間違いなく販促の教科書だ。byしのぶちゃん

やはり大切なのはカクゴと行動力。そして継続です。

MORE

You must share tanpan.jp
follow us in feedly
ページの先頭へ