本文へ移動する

Tanpangram SNS

Facebookだけで関係性を築いていた時代はもう終わり。あらゆるSNSと組み合わせて発信していかないとね

その人が本当に愛のある経営者かどうか、SNS上を見てたらスグに分かります。

「 メガネはどこで買っても同じ 」という概念をぶち壊した書籍。それがこの破天荒フェニックスである。

自分の知識や想いを惜しみなく相手に伝えてるのは何の為?毎日ハンカチを必ず持ち歩いてるのは何の為?

SNSやブログは、もはやオレの生活の一部である。だからオレは発信をやめない。

写真1枚で分かる!その人が気遣いのできる人か?SNSを上手く活用できる人か?仕事ができる人か?

そもそもコミュニティーというものは作ろうと思って作ったものではない事を改めてここでは挙げておこう

そこに楽しさと喜びはあるのか。そこにユーモアとセンスはあるのか。そこに熱狂はあるのか。そしてビジネスの芽はあるのか。

自分の着たい服を作る。自分の食べたい物を作る。自分の飲みたい物を作る。それがKeisuke okunoyaです。

やっぱりSNSも楽しくなくちゃ続かない。もっと言うと、人に見られないと続かない。

誰かに何かを教えてもらっても、何かを聞いても、結局その人はあなたの責任なんて取らないよ。って話。

たとえば、もしあなたが短パンフェスに出店するとしたら、あなたはどんな商品、サービスを提供するか考えてみて。

MORE

You must share tanpan.jp
follow us in feedly
ページの先頭へ