本文へ移動する

NEW

#愛でしかない ボクの大切な人が11月8日に永眠しました。

今日はたった1人の為にブログを書きます。どうしても残しておきたくて。

出会いは2年前の10月でした。

エクスマ塾生の浦ちゃんが主催で、エクスマセミナーを旭川で開催した時でした。浦ちゃんが藤村先生とボクに講演してほしいと懇願してきました。

そのセミナー後の懇親会で一緒にインカメしてお友達リクエストがきたんでしたね。

その後すぐに発表したKeisuke okunoyaのカシミヤマフラーをすぐに注文してくれて、当時はまだstoresのようなサイトを作ってなくて、Facebookやツイッターのコメント欄やメッセージで受け付けていました。

12月。初めて注文をしてくれたので住所を聞こうとメッセージをしたら「 すみません。キャンセルさせてください。」の返信。

「 わかりました 」と伝えたものの、心の狭いボクは若干イラッときてました。注文分しか生産しないのになーって。

その後、しばらくして、彼女が癌を患った事を知りました。本当に最低なことしたなって。人には色々事情があるのに、どうしてそんな風に思ってしまったんだろうと。度重なるキャンセルがあったからと言って全員が全員そうじゃないのになって。ものすごく反省をした事を今でも思い出します。

それからですね。彼女は病気と闘いながらも、ボクのファンになってくれました。FacebookもTwitterも、そしてブログも始め、いつも発信していました。そしていつもボクの発信を見逃さず、シェアやリツイートをしてくれてました。それから約1年後の7月、身体もすっかり元気になり、体調も回復し、マイアミとの札幌でのトークライブで再会を果たしました。旭川から一人で会いに来てくれました。その時にポケットチーフを忘れ、ジャケットの左胸にコンビニの袋を入れて、それでもカッコいい!って言ってくれたので、その袋をプレゼントしました。

それから仕事も再開し、あーホントに良かったなーって思ってたんですが、ここ最近の発信を見てて、もしかしたら?とか、なんかあったのかな?とか、そんな事を思ってて、一度浦ちゃんの奥様の奈美さんに連絡しようかなと思ってたんだけど、浦ちゃんの体調もなんかあんまり良くなさそうだし、ガマンしていました。

そして先週の短パン社長とビジネスカフェの際もまたポケットチーフを忘れて、朝その投稿をしたら、彼女が引用リツイート。

「 私にとってはすごい思い出 」って。

だからボクも「 12月に比布町に行くから!その時にまた渡しに行くよ! 」って。

そして彼女はいつものように

きゃーーーーーー♡

って。返信はいつも決まって叫んでましたもんね。

11月8日の夕方。ボクが藤村先生とトークをしている時でした。目の前にいるブランがボクを見つめてて、その時は、見すぎー!ってツッコミ入れたりしてたんだけど、なんか様子がおかしいなと。トークショーが全て終わった後に、陽田がその事を伝えてくれて、彼女の訃報を知りました。

しかも彼女のアカウントからの投稿でした。きっとその事も分かっていてブログも用意してたんだよね。

ご主人がツイートしたのかな。Facebookに投稿したのかな。

なぜあの時素直にボクは連絡しなかったんだろうとか、もっとたくさん写真を送ってあげれば良かったとか色々と考えてしまいました。いつも元気に明るく。きっとSNS上でつながってる人たちには心配かけまいと頑張っていたんだと思います。本当に彼女らしい最期でした。

初めて会った時も藤村先生と一緒に時。そして最期を知ったのも藤村先生といる時。

そういうことはあまり思わない方だけど、なんだか彼女がそれを選んだのかななんて勝手に思ったりもしています。

ボクの発信が彼女に元気を与えてた。勇気を与えてた。そう思ってもいいよね。

ボクがインカメする時は必ず。お写真いただいちゃいました!という元気な文章と、ハッシュタグには必ず #愛でしかない って。

ここ最近はあまりインカメを減らしてたけど、彼女はその1つも見逃さず、必ずそれに反応をしてくれていました。今はもう「 お写真いただいちゃいました。」が見れない、聞けないのがさみしいけど、これからもボクを大好きだって思ってくれる人に向けて発信しよう。と、彼女の死を通じて、改めて思いました。

天国にいる春日さんにこのブログが届きますように。12月必ず逢いに行くからね。49日以内に会いに行けることもなんだかそういう事なのかな。そしてこれからも見守ってね。ボクも身体に気をつけます。きっといつも自分の事よりもボクを心配してくれていただろうから。

#愛でしかない のは春日さんの方だよ。本当にありがとう。安らかに眠ってね。

ページの先頭へ