本文へ移動する

アナタは、誰に何を言われても、これだけは絶対に譲れないってルールはありますか?

久々に良い本に出会いました。

その名も「 なぜジョブズは、黒いタートルネックしか着なかったのか? 真の幸せを生きるためのマイルール 28 」

もうさ。タイトルからして魅力的でしょう。

で、早速ツイートしたらね。

ツイッター上がとんでもない事になっています。

岡部さんもリンク切れの為画像でね

岡部さんもリンク切れの為画像でね

香おねえだけリンク切れの為、画像

香おねえだけリンク切れの為、画像

https://twitter.com/3mt0407/status/805374469283811329

タタンもリンク切れの為画像で

タタンもリンク切れの為画像で

https://twitter.com/kamemaneki009/status/805728895546687488

https://twitter.com/MScarpe21/status/805771447465447426

https://twitter.com/fashionoyaji/status/805808967641219072

ね。ハンパないでしょう(笑)( 12月6日現在 )

これまだまだ勢いが止まらなそうなので、この辺でやめておきます(笑)誰かNAVERまとめ作ってー。短パン社長が紹介した書籍「 なぜジョブズは、黒いタートルネックしか着なかったのか? 真の幸せを生きるためのマイルール 28 」のツイートが多すぎてヤバい件。的な。

で、更には朝のFacebookの投稿でもこんな事を書きました。※ちょっと追記しました。

Facebookのコメント欄もとんでもないことになってます。

Facebookのコメント欄もとんでもないことになってます。

久々に良い本に出会いました。大切な方からプレゼントしてもらった「 なぜジョブズは、黒いタートルネックしか着なかったのか?真の幸せを生きるためのマイルール 28 」

なぜスティーブ・ジョブズが同じお洋服しか着なかったかを知ってます?

と、、、本の内容は決してジョブズの話だけではなく、明石家さんまさんが、なぜ台本を作らないのか?とか、スティーブンスピルバーグが、映画を作る時は、なぜラストシーンから描くのか?とか、あの本田宗一郎さんが、たった1人の為にやってきたことで、なぜここまで大きな会社になったのか?など、28人の偉人・著名人の、自分の中で絶対に譲れないルールが書かれています。

アナタは、誰に何を言われても、これだけは絶対に譲れないってルールはありますか?

とっても読みやすい本で、普段あまり本を読まない人でもカンタンに読めますし( カベシタとかぼっちとか清水とか )きっと続きが気になって仕方なくなり、1日で読めちゃうはず。

ほら。現にカベシタも買ってる。

ほら。現にカベシタも買ってる。

とにかく優しいキモチになれる、そんなステキな本です。

ね。ボクが藤村先生以外の書籍をオススメするのは極めて珍しいでしょう?(笑)

そうなの。ボクも最近全然本を読まなかったから、これを機にまた色々と読まないとなーって思った。そして出版の依頼も何軒かきてるので、書籍で人をこんなキモチにさせられるのであれば、ちょっと書いてみようかななんて思ってもみた。それくらい素晴らしい本でした。

あ。ちなみに昨日ツイートしたら既に完売してしまってたので、現在入荷待ちの状態です。お近くのamazonで予約するか、お近く書店へ行くかにしてくださいね♡( 楽天の方も入荷待ちになっちゃった。)

こちらをクリックするとamazonへ飛びます。予約しといてねー。

画面をクリックするとamazonへ飛びます。

早く在庫追加してーーーーーーーーーーーー!!(笑)

ちなみに藤村先生の本以外に紹介したのは、あの染谷さんのブログ飯、あとは、俣野さんのハイパフォーマンスのなんとかって本だったなー。あの時の反響もヤバかったけど、今回の方が更にヤバい。それだけ影響力がついてるし、ずっとやり続けてるからだろうな。

自分の本でもないのに、なぜボクが紹介する本はこんなに売れるのか?

それはボクのブログ、SNSの発信を見てくれる人。また、実際に会ったり、ボクの講演を聞いた人たちに、きっと役に立つし、勉強にもなるし、感動するし、是非ボクと同じキモチになってほしい。っていう想いがあるからです。んとー。読んでほしいって思う人の顔が見えてる。これかな。

良い本じゃなかったら紹介しません。読んでもないのに紹介はしません。( たまにいるんですよ。献本するから是非紹介してもらえませんか?的なメッセージをしてくる人が・・・ )

ボクは自分の発信には責任をもってます。だからウソのない発信を常に心掛けています。こういった書籍以外も、美味しいお店、ステキなお店、楽しいbar、面白い映画、カッコいいお洋服などなどなどなど、自分が本当に気に入ったものしか紹介しない。そしてその紹介したモノ、コトがきっと誰かの役に立つ情報、誰かが喜ぶ情報だろうな。ってね。

いつも目の前の人に喜んでもらえる事を考え、行動し、継続してる。

そう。これがボクのルールです。( 書籍の中にもボクと同じような考えの人がいて嬉しかったなー。)

あ。もう1つルールあったなー。

よし。ボクの本のタイトルはこれで行こう!

最高の人生には、マイルールが必要だ。

最高の人生には、マイルールが必要だ。

なぜケイスケは、短い短パンしか履かなかったのか?

 

本のカバー写真はこれで!

本のカバー写真はこれで!

と冗談はさておき(笑)

是非この本を読んで、みんなが笑顔になってくれたら嬉しい♡

では。では。皆さん、ステキな週末をー。

ページの先頭へ