本文へ移動する

教えるのではなく、自分がやってきた事を話し、学んでもらう。その場の空気を作るのも講師の役目。これ絶対。

今日もまた京都造形芸術大学で講演した話に戻させて下さいね。

ヤスが撮影してくれてました

この写真はボクが講演してる途中に突然学生さんたちが壇上に上がってきたシーン。

わざわざ参加してくれた川江さんもこうつぶやいてくれてます(笑)

そして千鶴さんも。

そして当然、最近は終始取り巻きの陽田。

そう。これ、なんかサプライズでもあるのかな?なんて思ってたら、大雨でファッションショーが外で行えず、急遽この会場でやる事になったみたいです(笑)

主催してる本間先生もその事を知らずビックリ。会場もざわつく中、ボクはすかさず「 オレ、前座だったのかよ!」って言ったら、みんな爆笑して一気に会場は和やかになりましたとさ♡

どんな事が起きても動じない。場慣れって大事。そしてあくまでもメインは学生さんたち。常にその場が楽しくなる事を考えないとね!

こちらは photo by 陽田ね

尚、こちら既に投票は終了しましが、ミスパールというブランドが学生さんたちにモデルになってもらい学園祭中にコンテストをしていたものでした。みんなカッコ良かったし、とっても可愛かったなー。

みんな、これからもがんばってねー!応援してるからー!

あとさ。よくさ。セミナーとかを依頼されると、先生!先生!と過度に崇める主催の人が多かったりします。( 特に○○協会とか○○会議所など )それで調子に乗っちゃう講師も講師だけど、優先すべきはそこにも参加してくれる人たちだと思うのです。先生という立場でもエラそうにただ話してたら伝わらないし、教えるのではなく、自分がやってきた事を話し、学んでもらう。その場の空気を作るのも講師の役目。これ絶対。

これからも講演という部分だけでなく、その会場全体の雰囲気を通じて、みんなに楽しさを伝えてきたいな。

はー。手紙書けたよー。明日か明後日発送するよー。

ページの先頭へ