本文へ移動する

Tanpangram ファッションについて

どこそこのレストランで地中海料理を食べるだとか、スカーフはエルメスよとか、まだまだそんな投稿ばかり目立つけど、それって誰が喜ぶの?

自分が好きな服と、自分に似合う服は違う。自分が伝えたい事と、相手が知りたい事は違う。常に客観的な自分でいよう。

数人のお客さんに「 ◯◯が欲しい!」と言ったからって、それに全てお答えする事はお店にとって本当に良いことなのかを今一度考えてみよう。

自分の扱う商品が少しでも世に必要とされているのであれば、尚更分かりやすく人に伝えていかなければならない

いくつになっても美しくいたい、若々しく可愛くいたい。本来女性はそうあるべきですよね。そんな想いをもった女性に着てもらいたい。Keisuke okunoyaが皆さんのお手元に続々届いています。

男性からね、奥さんに、彼女に、今いい感じの人にって、オレに相談があるのがとっても嬉しい。そう。レディースの洋服は別に女性だけが買うものじゃないもんね。Keisuke okunoya womensは絶賛予約受付中です!

男だからってMENSのカタログを見たいわけじゃない。そもそも洋服の役割って何よ。自分が着る為のものだけじゃない。

商品は自分。洋服屋じゃなくたってTシャツは売れる。お客さまとしっかりとした関係性を築いていればね。

Keisuke okunoyaオリジナルTシャツはまだまだ予約受付中。そして別注オリジナルTシャツも続々と発表しています。

Keisuke okunoya初のプリントTシャツたちが登場!絶賛予約受付中です!

Keisukeokunoya別注企画。オリジナルパーカーに続き、あなたの会社やお店のオリジナルTシャツをKeisuke okunoyaで作ります。

HOTEL THE SCENE × Keisuke okunoyaのコラボ商品、高級ルームウェアの発送完了!みなさん楽しみにしててねー!

MORE

You must share tanpan.jp
follow us in feedly
ページの先頭へ