本文へ移動する

Tanpangram 気遣い

これプレゼントしたんだからSNSに上げてくれよ!って言った時点でそれはプレゼントではない。

なにげない、一見、誰でもできる気遣いに人は喜びを感じ、その人のファンになる。

自分の知識や想いを惜しみなく相手に伝えてるのは何の為?毎日ハンカチを必ず持ち歩いてるのは何の為?

写真1枚で分かる!その人が気遣いのできる人か?SNSを上手く活用できる人か?仕事ができる人か?

気遣いのできない人を気遣いのできる人にさせるのは到底難しい。それでも好きなら付き合えばいいし、嫌いなら付き合わなければいい。

「 最低限のルールは大切。でもその行為でお客さんが喜んでくれるのであれば、最終的にはあなたの判断に任せます。」という指示が、経営者や上司、リーダーであれば、それが理想かな。

どんなに良い商品やサービスを扱っていても、気遣いができない人には、それを売るのはなかなかどうして難しい。

仕事も。プライベートも。SNSでも。良い付き合いができるコツは、やっぱり人に興味をもつってことだよな。

誰が為にSNSで発信するのか。誰が為にブログを書くのか。

気遣いできない人に気遣いできる人になってもらうのは難しい。だから教えるのではなく気づいてもらおう。

気遣いができる人とできない人。何が違うかって、それはちゃんとその人の事を見てるかどうかなんだよな。

写真1つで分かる。アナタは気遣いができる人?できない人?

MORE

You must share tanpan.jp
follow us in feedly
ページの先頭へ