本文へ移動する

Tanpangram 若者

オレはこれからも変わらず、若者たちにとって、おせっかいなおっさんでいようと思った1日

彼女たちのような若者たちとともに学ぶ。それが今後の経営課題なのではないかとボクは思ってる。

「 短パン社長とビジネスカフェ 」が、超!たくさんのご要望にお応えして12月3日に再び開催決定です!!

オレが何を若者たちに伝えたいのか 〜 短パン社長とビジネスカフェを終えて 【 前編 】

繊研新聞のコラム「 私のビジネス日記帳 」の第3回目(最終回)は、人を見る目について。

懐かしの「 短パン先生とトライ 」を若者たちに向けて開催するとかしないとか。

アパレル経験者よりもTikTokを使いこなしてるフォロワーの多い子たちに働いてもらった方がよっぽど楽しい未来が待っている。

ボクはこれからも若い子たちにもっと勇気や希望を与えられる存在でいたい。京都タワーのように輝く人でありたい。

京都造形芸術大学の大瓜生山祭でのトークライブが終わりましたー!参加してくれた皆さん、本当にありがとうございました!

「 今時の若いヤツは 」なんて言ってるオジサンは、そんな若い子達に「 今時のおっさんは 」って言われてる

ボクたちはいくつになっても、若い子たちに学ぶという姿勢を忘れちゃいけない。

人間誰しも、どこかで見栄を張って生きている。それは、死ぬときも。藤村明世監督の映画「 見栄を張る 」がヤバい。

MORE

You must share tanpan.jp
follow us in feedly
ページの先頭へ